認知症の対応─学んだこと

 認知症で対応の難しい方も、結構いらっしゃいます。そういう方の場合、こちらで心掛けている重要な2点をご紹介します。

 

●話の内容を否定しない

話の内容が事実と違う場合も、論理的におかしくても肯定します。一般社会の中では、事実と論理の整合性に縛られているので、これは結構心理的に抵抗があります。積極的に肯定する必要はありませんが、思い込みを否定したり、論理の破綻を指摘したりするのは禁物です。

 ただし、ケースバイケースなのは勿論です。

 

●強くコントロールしようとしない

これは普通の人でも不愉快でしょう。命令口調、手を引っ張る、肩を押すなど厳禁です。行動を促す場合は、根気よくお願いして、自発的な気持ちになっていただくしかありません。

 

〒193-0834

東京都八王子市東浅川町183-1

メゾン・ヴェールタカオ101

TEL 042 (673) 3490

FAX 042 (673) 3556

 

★営業時間

8:00~17:00

月~金曜日/土曜(AM)  

担当者 柿本 親一郎